改葬のお問い合わせをよく頂きます。

先日、地方のお墓にはなかなか足を運べないので、
札幌へ「お墓の引っ越し(改葬)」を行いたいのですがお宅にお願いできますか?というお問い合わせをいただきました。
お墓の引っ越しは手続きなども多く、墓所を移動するための申請や新しい墓所の契約、古いお墓の解体返地手続きなど、想像以上に大変なことも多いため、ご相談をいただくことも多いです。
北海道全域で対応している当社にお任せいただければご安心です。
札幌市南区にあります真駒内滝野霊園では納骨するお骨の有無に関わらず、いつでもお申し込みが可能です。
また、墓所内の場所もご自分で決めることができます。
いつでも霊園をご案内できますので見学をご希望の方はお気軽にお問合せ下さい。
改葬に関する資料も多数ご用意しておりますので、資料請求お待ちしております


お問い合わせ先
お墓の総合展示場[ときわギャラリー]
札幌市南区石山東7丁目7-34
フリーダイヤル(0120)16-1483

滝野霊園の[つどい]

真駒内滝野霊園に「つどい」と言う、新たな供養のお墓が登場致しましたので紹介をします。

(つどい)は、滝野霊園22区ラベンダーガーデン内にあります。本来のラベンダー墓所の1区画を活用して、10件分の個人使用墓所を作りました。

サークル(円・まる)とスクエアー(四角)の2種類の型を選べます。

価格も35万と個人お墓を考えるとリーズナブルな価格です。これからの時代に必要な形態なのかもしれません。

帝北石材では、滝野霊園の送迎案内も承っております。今回ご紹介した「つどい」のご案内もできますので、まずはお問い合わせください。

 



お問い合わせ先
お墓の総合展示場[ときわギャラリー]
札幌市南区石山東7丁目7-34
フリーダイヤル(0120)16-1483

ゴールデンウィークのお墓見学

ゴールデンウイークがやってきました。皆様は、それぞれの楽しみ方でお過ごしされるかと思います。その中で私達の仕事柄、この時期が慌ただしくなるシーズンの始まりでもあります。

以前のブログでも少し触れましたが、ご彫刻依頼や、ご納骨のお手伝いも多いですが、お墓を新規でご検討されるお客様、お墓の解体・撤去・建て替えをされるお客様もご相談、ご見学が多いのも、このゴールデンウイークです。

冬の間にご逝去された方々のご供養先やご先祖様の供養のあり方をご検討されるお客様が多いからと思います。

当社も協力石材店を務めております真駒内滝野霊園をご見学に訪れる方も沢山いらっしゃいます。ご見学の時は当社にお気軽にご連絡をください。スタッフ一同、お待ちしております。

 



お問い合わせ先
お墓の総合展示場[ときわギャラリー]
札幌市南区石山東7丁目7-34
フリーダイヤル(0120)16-1483

この時期のご彫刻

日が差すと暖かい日が多くなってきことを実感できる季節になってきました。
雪も、街中ではもう余り見かけなくなってきています。しかし、お墓のある墓地や霊園には、まだ残雪が多く残っている季節です。

私共の仕事では、この春の便りが聞こえ始めてくると、冬にご逝去された方々のご彫刻やご納骨に関するお問い合わせ依頼が、日に日に増えていきます。

その年によりますが、4月下旬~6月中旬位までは、ご彫刻、ご納骨のご依頼が集中いたします。ですから、お客様にご彫刻には、3週間~1ヶ月見て頂ける様にご協力をお願いしております。

もし、ご彫刻のご依頼をされるときには、ご納骨から逆算して少し余裕をもった期日でご依頼をされることをお勧めいたします。

ご彫刻のご依頼のご相談は、当社にお気軽にご連絡をください。

 



お問い合わせ先
お墓の総合展示場[ときわギャラリー]
札幌市南区石山東7丁目7-34
フリーダイヤル(0120)16-1483

墓石の変化にはご注意を。

お墓で使用されている御影石は非常に硬質で耐久性が高いのが特長ですが、経年変化は必ず起こります。一例としましては、御影石の表面に錆びた鉄分が斑点状に浮き出てくる症状があります。

御影石は、地中の深いところでマグマが結晶化したもので成分に金属を多く含みます。堅い御影石でも水を吸い込みます。
この水分が石の鉄分を酸化させ、サビを引き起こします。石の種類によってサビの出やすいもの出にくいもありますが、必ずしも出るかというとそういう訳ではありません。

お墓づくりで石を決める際にはその辺のことも事前にご確認いただければと思います。

現在建っているお墓でサビが出てきて気になるという場合には、当社までご相談ください。



お問い合わせ先
お墓の総合展示場[ときわギャラリー]
札幌市南区石山東7丁目7-34
フリーダイヤル(0120)16-1483

お彼岸と供養

1日少しずつ春の足音が近づいて来る日和が多くなってきました。今年は、3月17日が彼岸入り、中日が、3月20日、彼岸明けが、3月23日です。

お彼岸に向けて、公営墓地等の園内道路の除雪がされています。しかし、お墓の区画は、除雪されていませんので、以前も触れましたが、この時期は、雪がかなり深いので、お墓参りの除雪は、気を付けて行ってください。

お彼岸だから、何かしなければ?と思う方もいるかと思います。
私が思うには、お墓参りに行かれる方は、ご先祖様に今年初めてのご挨拶を何時もより少しだけ気持ち多く語らえると良いと考えます。
雪のある地域なので、雪から出した箇所を何時もより気持ち綺麗にしてあげる事が良いと思います。

仏壇仏具も気持ち丁寧にしてあげて、ご先祖様との語らいをすると気持ちが良いです。

最後にお墓参りの時のお墓の金具破損やお墓の補修のご相談がありましたら、弊社のスタッフまでお気軽にご相談ください。また、仏壇仏具に関してもギャラリー西町店があります。
専門のスタッフが対応致しますのでお問い合わせ下さい。

 


お問い合わせ先
お墓の総合展示場[ときわギャラリー]
札幌市南区石山東7丁目7-34
フリーダイヤル(0120)16-1483

お墓参りの注意点

 

雪解けも進んで行く、暖かい日が続く季節3月に入りました。もう少しで春彼岸です。皆様も今年初めてのご先祖様のお墓参りに出かける方も多いかと思います。そこで、この時期のお墓参りの注意して頂きたい事をご紹介いたします。

①     鉄のスコップなどの使用は避けてください。

②     積雪がまだ多いので、ご近所のお墓に配慮した雪はねを心掛けましょう。

③     自分のお墓までの道のりで、お墓の付近を歩行する時は気を付けてください。この時期は、気温が高くなり、天気のよい日が多くなるため、墓石の周りが石の熱で、溶けて空洞になっている事があるためです。

④     出来るだけ、両手に物を持たないようにしましょう。

 

以上の事を心掛けて先祖様のお参りに出掛けてみて下さい。また、お墓参りをした時にお墓の事が、思いかけず気になる所が気づく事があるようです。一番が、花立て、線香立て、ろうそく立て、金具等の劣化、破損に気づかれるようです。

お墓の部分補修からお墓のリフォームまで、分からない
ことは、ご相談して見てください。


お問い合わせ先
お墓の総合展示場[ときわギャラリー]
札幌市南区石山東7丁目7-34
フリーダイヤル(0120)16-1483