HOME > お墓じまいについて

お墓じまいについて

この先、お墓を守っていくのが不安な方へ 今後守っていくお墓についてこんなお悩みありませんか? お墓じまいでこれらのお悩みを解決いたします。

お電話での相談申込はこちら 0120-16-1483

メールでのお問い合わせはこちら

石材店の主な仕事はお墓を作ったり建てたりすることでしたが最近は少子高齢化の社会事情もあり、お墓を守っていくことに不安を感じている方が増えてきました。

こういった不安を解消することも私達石材店の大切な仕事でもあります。

墓じまいをご依頼いただく理由は「将来お墓を守れない」「地元の墓地が遠くてお参りにいけない」などが主なものです。

当社でもここ数年墓じまいのご相談が増えてきていますが、墓じまいのポイントは、お墓の解体後ご遺骨をどのようにご供養するのかということです。納骨堂で永代供養していただくのか、身近な霊園に移してご家族で守っていくのかどちらかになります。

当社ではお墓を建てるということだけでなく、末永いご供養をしていただくことを重視し、お客様がどのようなご供養の形をお考えなのかという観点からアドバイスやご提案をさせていただいております。

お墓が遠くてお参りに行きづらい場合にはお墓のお引越しのご提案や将来的にお墓を見ていけないとお悩みの方には、柔軟な管理料制度や永代供養プランのご提案もできます。

ときわギャラリーではお墓建立だけでなく、ご供養に関するトータルなご相談も承っておりますので今現在お墓をお持ちの方でもお気軽にご相談ください。

お墓に関するお悩みはお墓の専門店の当社にご相談ください。- 営業部 石川 学

最近のお墓に関するご相談で最も多いのは、承継の問題です。

これはこれからお墓をお考えの方だけでなく、現在お墓をお持ちの方にも共通するもので、少子化や高齢化など現在日本社会が抱える問題がベースとなっています。

お墓はご遺骨を土へと還すものであり、親から子へと受け継ぎながらご先祖様をご供養していくとても大切なものです。その大切なお墓を解体し、ご遺骨を引き上げることを「墓じまい」と言います。
墓じまい後のご供養は、別のお墓や納骨堂などに納骨したり散骨をしたりと様々な方法があります。

当社ではお墓を建てるだけでなく、末永くより充実したご供養をしていただくことを重視し、お客様にとってどのようなご供養の形がいいのかを考え、アドバイスやご提案をさせていただいております。

お墓が遠くてお参りに行きづらい場合にはお墓のお引越しや両家墓などのご提案や、将来的にお墓を見られないとお悩みの方には、真駒内滝野霊園の選べる管理料制度や永代供養プランのご提案も準備しております。

ご供養に関するトータルなご相談も承っておりますのでお墓をお考えの方だけでなく、現在お墓をお持ちの方もお気軽にご相談ください。

お墓じまいをされたお客様の声

お客さまの声

帝北石材さんに熱烈感謝。

長男も墓守を約束してくれ、昨年、孫男子誕生を機に室蘭から札幌へ墓の改葬を決め、老後を考え平岸霊園に応募、一発当選の幸運もありましたが、私たちの代で次世代に出来るだけ負担を残さずご先祖の墓を護持していける環境をつくることが出来ました。

担当の小川さんには、市営墓地応募方法から相談し、真冬にもかかわらず遠路役所と墓地まで何回も足を運んで頂きました。

また墓のデザイン、工事日程、経費、しきたりまで本当に丁寧に説明してもらい、どんな疑問にも明確に答えてくれた事に感謝しています。

お電話での相談申込はこちら 0120-16-1483

メールでのお問い合わせはこちら