HOME > お墓の引越し・移転・改葬の基礎知識 > お墓の引越し・移転・改葬でよく頂くご質問は「費用、手続き、お骨の扱い」

お墓の引越し・移転・改葬でよく頂くご質問

お墓の引越しには費用がいくら掛かりますか?

お墓の引越し、移転、改葬にかかる費用にはおおむね次のようなものがあります。金額はお墓のサイズ、墓石のグレード、地域事情等によって異なりますので、あくまでも一般的な参考価格としてご理解ください。

まず現在の墓所について解体と処分の費用(約10~30万円)が掛かります。墓石をそのまま新しい墓所に移す場合は処分が不要になりますが、運搬費(料金は距離による)が必要になります。

お墓の引越しには費用がいくら掛かりますか?

また、お寺の閉眼供養(魂抜き)にお布施(1~3万円)を包みます。新しいお墓は墓地や霊園に永代使用料(数十万円~)と管理費(年間数千円~)を払って購入します。新しい墓石の建立には120~150万円くらいかかります。開眼供養(魂入れ)は僧侶にお布施(1~3万円)を包みます。

すべて合計すると120万円から160万円といったあたりが一般的ではないでしょうか。必ず現地調査のうえ見積書を発行してもらい、お客さまのご予算に合わせて検討することをおすすめします。

引越しの手続きはどういう風に行われるのですか?

お墓を引越し、移転、改葬するときは、市町村に「改葬許可申請書」を提出し、許可を得なければなりません。

現在のお墓の管理者から「埋葬・埋蔵証明書」、新しいお墓の管理者から「墓地使用許可証」または「受入証明書」を発行してもらい、「改葬許可申請書」とともに、現在お墓のある市町村に提出(郵送も可)します。

1週間くらいで「改葬許可証明書」が発行されますので、これで手続きは完了です。

引越しの手続きはどういう風に行われるのですか?

引越しのときお骨はどう扱えばよいのですか?

現在のお墓からお骨上げをし、さらし等に包み、骨壺に入れて新しいお墓に運びます。1体、2体であれば電車でもよいでしょうが、数体となると自動車で移動したほうが無難でしょう。

北海道のような寒冷地では低温で壺が割れてしまうため、新しいお墓では壺から墓所に撒くようなかたちで納骨します。お骨の運搬も基本的にはお客さまにお願いしていますが、何らかの事情で無理な場合は帝北石材の営業担当者が代行もいたします。お気軽にご相談ください。

引越しのときお骨はどう扱えばよいのですか?

なお、現在のお墓からお骨上げして新しいお墓に納めるまでに期間がある場合は、遺骨はご自宅かお寺にお預かりいただきます。

目次:失敗しないお墓の引越し・移転・改葬

お墓の引越しの基礎知識
お墓の引越しの方法とその流れ
お墓の引越しの費用について
お墓の引越しの具体的な手続き
お墓の引越しでよくあるトラブル
お墓の引越しでよく頂くご質問 ← 現在のページはこちらです。
永代供養
お墓の引っ越しの専門家による無料相談会のご案内

<< 前のページ |  次のページ >>

お電話での相談申込はこちら 0120-16-1483

メールでのお問い合わせはこちら

お電話での相談申込はこちら 0120-16-1483

メールでのお問い合わせはこちら

このページの先頭に戻る