お墓を傷つけずに地震対策ができます

 

従来の地震対策では、墓石に芯棒を入れる等の大掛かりな施工を要するものが主流でした。しかし手間と費用のかかる工法であること、石を傷つける工法であることや芯棒で繋いだ墓石がまるごと倒壊する危険性があることなどから敬遠されがちでした。

免震ゲル設置の様子
免震ゲル設置の様子

帝北石材で採用している「安震はかもり®」ではその様な墓石施工は一切必要ありません。石と石の間に免震ゲルの設置という短時間の施工となります。
「安震はかもり®」はメーカーから正しい施工技術を認定された正規加盟店のみが施工を行えるもので、札幌では当社のみの取り扱いとなっております。
地震対策をお考えの方はいつでもご相談ください。(一部施工できないお墓もございます)

帝北石材のお墓づくりは見えない所もしっかり施工(石工事編)

 

基礎が完成したら、墓石が間違いなく加工されているかチェックした後、本体の工事に入ります。

外側の石から順番に組み立てていき、倒壊防止のために基礎と石材をステンレス線で固定します。また、納骨室上部の芝台は、組んだ石の角を内側からL字金具で固定して外れないようにします。

 

 

芝台の上に乗せる上台の下部には、芝台にはまり込む形で凸部があり、ずれないよう固定されます。上台と棹石の間には、札幌では当社だけができる特許工法墓用免震システム「安震はかもり®」を使うことで地震の際の揺れを逃します。(一部規格墓所等、免震施工のできないお墓があります)

 

 

要所要所をしっかり施工する事で、丈夫で地震に強いお墓ができあがります。

 

帝北石材ではこれら一連の作業をしっかり写真に残し、完成後には「工事工程報告書」としてまとめ、製本したものをお渡ししてお客様に確認していただいております。また、お墓の完成後には10年の保証書を発行しているのでご安心いただけます。

 

納得できるお墓づくりのために、ご不明な点があれば何でも当社にご相談下さい。経験豊富なスタッフがお話を伺います。

 

 

お問い合わせ先
帝北石材:お墓の総合展示場
札幌市南区石山東7丁目7-34
フリーダイヤル(0120)16-1483

墓石を加工せず、建っているお墓に地震対策ができます

 

従来の地震対策では、墓石に芯棒を入れる等の大掛かりな加工を要するものもありました。しかし大切なご先祖のお墓にキズを付けるような加工を施すのはあまり気が進まないというご家族の思いもありました。

 

帝北石材で採用している「安震はかもり®」ではその様な墓石加工は一切必要ありません。免震ゲルの設置という短時間の施工となります。

 

【免震ゲル設置の様子】

 

ご先祖様への優しいお気持ちを「安震はかもり®」は大切にしています。地震対策をお考えの方はいつでもご相談ください。

 

お問い合わせ先
帝北石材:お墓の総合展示場
札幌市南区石山東7丁目7-34
フリーダイヤル(0120)16-1483

免震施工という考え方

 

お墓は重たい石を積み上げたものなので地震波を受けると、揺れは墓石の上部が大きく揺れて下部へと伝わり、まるで踊るように棹石が動きます。特に「和型」は重心が高いので、最悪倒壊に至ることもあります。今まではこの揺れに対抗する為に鉄の棒をお墓に入れたり、強力なセメントで補強したりする”耐震施工”が主流でした。

 

近年では、研究も進み様々な技術も開発されてきて、地震動を墓石全体で受けて流す”免震施工”という考え方を取り入れられるようになってきています。

 

【免震ゲル設置の様子】

 

帝北石材で採用している「安震はかもり®」では「金属球」と「特殊耐荷重リング」を挿入しゲルの免震効果をサポートしています。あえて揺れに同期することにより、墓石全体をしっかり安定させることに成功しました。

 

すでに建っているお墓に設置することもできますので、地震対策をお考えの方はいつでもご相談ください。

 

お問い合わせ先
帝北石材:お墓の総合展示場
札幌市南区石山東7丁目7-34
フリーダイヤル(0120)16-1483