冬の間にゆっくりとご相談ください。

帝北石材帝北石材

 

積雪のある冬期間はお墓工事や戒名彫刻はできませんが、準備をすることは可能です。
雪解けに合わせたお墓建立のご相談もふえてまいりましたが、ご供養についてゆっくり考えるタイミングになります。
お墓づくりは初めての経験になる方がほとんどですので、時間をかけられる冬の間に、墓所の検討・お墓の形や彫刻内容をご家族で相談して納得のいくお墓づくりをしてください。

 

お墓の総合展示場
お墓の総合展示場

当店前の駐車場はしっかり除雪をしていますので、雪の日もご来店いただけます。
お気軽に帝北石材へご連絡ください。

 

お問い合わせ先
帝北石材:お墓の総合展示場
札幌市南区石山東7丁目7-34
フリーダイヤル(0120)16-1483

ご夫婦それぞれのご先祖様を供養する両家墓

デザイン部 少覺デザイン部 少覺

 

最近ではご夫婦それぞれのご先祖様をひとつのお墓で供養する「両家墓」が増えています。どちらかのご実家で跡を継ぐ方がいらっしゃらない場合や、それぞれのお墓が遠く、お参りしやすい近郊にお墓を引っ越すなど理由は様々ですが、いずれにせよご先祖様の供養を大事にしたいという想いで建立されるものです。

 

左:両家の家紋を花立に入れたデザイン 右:両家の家名を入れたデザイン
左:両家の家紋を左右の花立に入れたデザイン 右:両家の家名を入れたデザイン

ひとくちに「両家墓」と言っても決まった形はありません。家紋も家名も無い場合もあります。どのような形でご供養するか帝北石材では豊富な経験をもとにご相談を承っております。

 

帝北石材

お問い合わせ先
帝北石材:お墓の総合展示場
札幌市南区石山東7丁目7-34
フリーダイヤル(0120)16-1483

帝北石材は、北海道のお墓じまいも承っております。

帝北石材帝北石材

 

帝北石材では、お墓じまいに関する相談も承っております。
近年、地方にあるお墓を解体して、住まいのある札幌のお墓や合葬墓にお骨を移す方が多くなってきています。

 

帝北石材の墓じまいは、必要なものすべてをワンセットにし分かりやすくしております。
セット内容は1.役所等への書類作成のサポート。2.墓石を解体し更地にする。3.お骨の取り出し。の3点です。お墓の敷地面積の広さによってセット価格が異なりますので、詳しくはお問い合わせください。墓じまい後の供養先についても、お客様のご希望を伺いながらご提案いたします。

 

【お墓じまいの資料】

 

詳しい資料もご用意しております。お墓じまいの専用ホームページよりご請求ください。また、お墓じまいのスタッフブログも開設しており、お客様の声も掲載しておりますのでご参考にしてください。

 

お問い合わせ先
帝北石材:お墓の総合展示場
札幌市南区石山東7丁目7-34
フリーダイヤル(0120)16-1483

ご来店の方に石のふくろうを差し上げています。

帝北石材帝北石材

 

帝北石材 では、お越しいただいたお客様に可愛い手のひらサイズの石のふくろうを差し上げております。

 

ふくろうは日本ではとても縁起のいいものとされ、「不苦労」「福籠」「福老」などの漢字で表されます。一つ一つ手作りですので、いろんな表情をしています。

 

白いふくろうは大理石でできており、色のついている方は、墓石に用いられる御影石でできています。玄関先の飾りのひとつにいかがでしょうか。

 

【石のふくろう】

 

お墓の屋外展示場には、札幌市営霊園に合わせた敷地サイズのお墓や、真駒内滝野霊園の敷地サイズのお墓を展示しております。お気軽にお立ち寄りください。

 

お問い合わせ先
帝北石材:お墓の総合展示場
札幌市南区石山東7丁目7-34
フリーダイヤル(0120)16-1483

施工事例集をご覧ください。

帝北石材帝北石材

 

お墓というと伝統的な和型墓を思い浮かべる方も多いと思いますが、最近は洋型のお墓を建てられる方が圧倒的に多く、デザインや使う石の種類も様々です。高さが低めでお掃除がしやすい点や、安定感の面からも洋型が支持されています。

 

【お墓の施工事例集】

 

帝北石材では、お墓デザインの参考になる「お墓の施工事例集」を作成しております。何もないところからお墓のデザインを考えるのは漠然としていて難しいものですので、どんなお墓が実際に建てられているのかをまずはご覧ください。各墓地・霊園での設置写真もありますので、実際のイメージもわきやすいと思います。

 

この事例集に掲載されているお墓はすべて当社のオリジナルデザインです。お客様のご要望に合わせ、当社のデザイナーが一基一基オーダーメイドでデザインし、お客様の想いをかたちにしております。

 

施工事例集は、当社ホームページより無料ダウンロード出来ますのでぜひご覧になり、気になる事がありましたら帝北石材にお問い合わせください。

 

お問い合わせ先
帝北石材:お墓の総合展示場
札幌市南区石山東7丁目7-34
フリーダイヤル(0120)16-1483

木綿の納骨袋を販売しております。

お客様係 月澤お客様係 月澤

 

墓石の下にはカロートと呼ばれる納骨室があります。カロートは湿度が高く、北海道では冬期間に骨壺が割れてしまうことがあるため、骨壺での納骨より、納骨袋に移し替える方が多くいらっしゃいます。

 

帝北石材でご納骨の際に用いている納骨袋は、一つずつ手作りしているものです。文字などが入っていない無地タイプなので、宗派を問わずお使いいただけます。

 

また、袋には紐が縫い付けられていますので袋の口を縛ってしっかりと閉じてお墓に納めることができます。素材は木綿ですので、歳月がたつとやがてお骨と共に土に還ります。

 

【納骨袋】

 

納骨袋は「静眠袋」という名称で、1袋1,000円(税込1,080円)で販売をしております。当社まで来られない方には、発送もいたしますのでお気軽にお電話にてお問い合わせください。

 

お問い合わせ先
帝北石材:お墓の総合展示場
札幌市南区石山東7丁目7-34
フリーダイヤル(0120)16-1483