ご先祖様のお名前をしるす墓誌

 

墓誌とはお墓に入っている方のお名前を彫るための石板です。

今では当たり前のように建てられている墓誌が本格的に使われるようになって約30年ほどだということはあまり知られていません。

 

墓誌
墓誌

お墓を建てだしたのは江戸時代中期と言われていますが、その頃は一人につき一つの石塔で、墓石の正面に戒名を刻みました。

明治に入ると「家」の観念が強まり、夫婦墓が見られるようになって、墓石の正面には二人の戒名を並べて彫りました。

戦後「墓地、埋葬等に関する法律」ができると、勝手なお墓の建立や埋葬は禁じられ、墓所が整備されるようになりました。その流れから一つのお墓に家族を祀る「家墓」が一般化して現在のようなお墓の形になってきます。

伝統的な和型のお墓では、正面に家名を入れて、両側面におよそ四~八名分のお名前を彫刻していました。ただお墓の側面に回り込まないと入っている方のお名前がわからない等、見づらいこと、増え始めてきた洋型のお墓では、裏側にしかお名前を彫るスペースが取れないこともあり墓誌が一般化します。

墓誌は主に棹石の前方などの見やすい位置に設置するため、お名前を確認することが容易です。また、大きさ次第で十名以上の方を彫ることも可能ですので、現在では墓誌のあるお墓の方が主流となっています。

 

帝北石材では、すでに設置してある墓誌へのご彫刻や、新設、増設も承っておりますので、お考えの方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

お墓のご相談・霊園案内・資料請求などお気軽にお問い合わせください

墓石に戒名やお名前彫刻を承っております。

 

帝北石材では戒名彫刻のご依頼を承っております。

 

お申し込み方法はお電話のほか、帝北石材の戒名彫刻申込フォームからもご利用いただけます。戒名彫刻申込フォームに必要事項を入力の上、送信ボタンを押して下さい。内容を確認の上折り返しご連絡させていただきます。 FAXでのご依頼の際には、専用ページ中ほどに表示されている「FAX注文用紙へ」ボタンを押してください。必要事項が記入できる専用の依頼書が開きますので、印刷してご利用ください。

 

ご戒名の彫刻
ご戒名の彫刻

 

その他ご供養に際しましてわからないこと等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

大切な方のお名前をしるす墓誌

 

墓誌とはお墓に入っている方のお名前を彫るための石板です。

今では当たり前のように建てられている墓誌が本格的に使われるようになって約30年ほどだということはあまり知られていません。

 

墓誌
墓誌

お墓を建てだしたのは江戸時代中期と言われていますが、その頃は一人につき一つの石塔で、墓石の正面に戒名を刻みました。

明治に入ると「家」の観念が強まり、夫婦墓が見られるようになって、墓石の正面には二人の戒名を並べて彫りました。

戦後「墓地、埋葬等に関する法律」ができると、勝手なお墓の建立や埋葬は禁じられ、墓所が整備されるようになりました。その流れから一つのお墓に家族を祀る「家墓」が一般化して現在のようなお墓の形になってきます。

伝統的な和型のお墓では、正面に家名を入れて、両側面におよそ四~八名分のお名前を彫刻していました。ただお墓の側面に回り込まないと入っている方のお名前がわからない等、見づらいこと、増え始めてきた洋型のお墓では、裏側にしかお名前を彫るスペースが取れないこともあり墓誌が一般化します。

墓誌は主に棹石の前方などの見やすい位置に設置するため、お名前を確認することが容易です。また、大きさ次第で十名以上の方を彫ることも可能ですので、現在では墓誌のあるお墓の方が主流となっています。

 

帝北石材では、すでに設置してある墓誌へのご彫刻や、新設、増設も承っておりますので、お考えの方はお気軽にご相談ください。

墓石に戒名やお名前彫刻を承っております。

 

帝北石材では戒名彫刻のご依頼を承っております。

 

工事は雪が解けてから順次行いますが、雪解けからゴールデンウィークまでは大変混みあいますので、お早目にお申し込み下さい。

 

お申し込み方法はお電話のほか、帝北石材の文字の彫刻(戒名彫刻)もご利用いただけます。戒名彫刻申込フォームに必要事項を入力の上、送信ボタンを押して下さい。内容を確認の上折り返しご連絡させていただきます。 FAXでのご依頼の際には、専用ページ中ほどに表示されている「FAX注文用紙へ」ボタンを押してください。必要事項が記入できる専用の依頼書が開きますので、印刷してご利用ください。

 

ご戒名の彫刻
ご戒名の彫刻

 

その他ご供養に際しましてわからないこと等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前やご戒名を刻む墓誌

 

墓誌とはお墓に入っている方のお名前を彫るための石板です。

今では当たり前のように建てられている墓誌が本格的に使われるようになって約30年ほどだということはあまり知られていません。

 

墓誌
墓誌

お墓を建てだしたのは江戸時代中期と言われていますが、その頃は一人につき一つの石塔で、墓石の正面に戒名を刻みました。

明治に入ると「家」の観念が強まり、夫婦墓が見られるようになって、墓石の正面には二人の戒名を並べて彫りました。

戦後「墓地、埋葬等に関する法律」ができると、勝手なお墓の建立や埋葬は禁じられ、墓所が整備されるようになりました。その流れから一つのお墓に家族を祀る「家墓」が一般化して現在のようなお墓の形になってきます。

伝統的な和型のお墓では、正面に家名を入れて、両側面におよそ四~八名分のお名前を彫刻していました。ただお墓の側面に回り込まないと入っている方のお名前がわからない等、見づらいこと、増え始めてきた洋型のお墓では、裏側にしかお名前を彫るスペースが取れないこともあり墓誌が一般化します。

墓誌は主に棹石の前方などの見やすい位置に設置するため、お名前を確認することが容易です。また、大きさ次第で十名以上の方を彫ることも可能ですので、現在では墓誌のあるお墓の方が主流となっています。

 

帝北石材では、すでに設置してある墓誌へのご彫刻や、新設、増設も承っておりますので、お考えの方はお気軽にご相談ください。

戒名やお名前彫刻の準備をしませんか

 

帝北石材では春に向けた戒名彫刻のご依頼を承っております。

 

工事は雪が解けてから順次行いますが、雪解けからゴールデンウィークまでは大変混みあいますので、お早目にお申し込み下さい。

 

お申し込み方法はお電話のほか、帝北石材の文字の彫刻(戒名彫刻)もご利用いただけます。戒名彫刻申込フォームに必要事項を入力の上、送信ボタンを押して下さい。内容を確認の上折り返しご連絡させていただきます。 FAXでのご依頼の際には、専用ページ中ほどに表示されている「FAX注文用紙へ」ボタンを押してください。必要事項が記入できる専用の依頼書が開きますので、印刷してご利用ください。

 

ご戒名の彫刻
ご戒名の彫刻

 

その他ご供養に際しましてわからないこと等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

お墓に名前・戒名の彫刻+納骨お手伝いパックをご用意しています。

 

お墓に新たに納骨する際には、埋葬する方の戒名(法名)やお名前を記します。
記す場所は、お墓の墓石の裏側や側面、墓石のそばに設置している墓誌という専用の石板に彫刻いたします。

 

当社で建てさせていただいたお墓はもちろん、他の石材店で建立されたお墓であっても彫刻可能です。
冬期間は行えませんが、春先には混雑が予想されるため、なるべく早めにご依頼いただけるとスムーズです。

納骨はご自身でも可能ですが、お墓の納骨室を開ける作業は、石の扱いに慣れていないと墓石に傷をつけてしまう事がありますので、ご不安な場合はご納骨お手伝いパックをお勧めします。

  • ご戒名・お名前の追加彫刻+ご納骨お手伝いパック(1名様分)
    60,500円(税込)~
  • ご戒名・お名前の追加彫刻(1名様分)
    47,080円(税込)~
    札幌市外59,400円(税込)~ご案内いたします。

彫刻作業は職人が墓地にお伺いし現地にて彫刻いたします。
複数彫刻の場合は割引がございます。

 

戒名彫刻の様子
戒名彫刻の様子

ご希望の方は、お電話か、帝北石材ホームページ内の戒名彫刻のページにてお申込みいただけます。
納骨お手伝いパックをご希望の方は、日時もお知らせください。
彫刻ご依頼の際には、彫刻する場所と戒名(法名)、お名前、命日、年齢、をお伺いしております。