白い石んこ地蔵のご紹介

お客様係 高田お客様係 高田

今日は私の大好きな石んこ地蔵の中から
白い石んこをご紹介します。

石んこ地蔵は白御影石を元に作られて鉄さび液を塗って仕上げがされているため、
普通は重みのある濃い色になっているのですがこの石んこ地蔵は鉄さび液を塗らずに
白御影石そのままの色がとても綺麗な白い色です。

色の違いもですが、目や口に墨入れをしているのも大きな特徴です。
色を塗っている石んこは陰影で表情がくっきり出るのですが白い石んこは
あまり陰影が出ないのでこうして墨を入れてお顔がはっきりわかるようにしています。

石んこ地蔵をお墓に設置するお客様がとても多く、ときわギャラリーでも
とても人気のある石小物です。実物展示はしていませんが
お墓に設置した写真などをご覧になって、オーダーすることも出来ます。


お問い合わせ先
お墓の総合展示場[ときわギャラリー]
札幌市南区石山東7丁目7-34
フリーダイヤル:0120-16-1483

墓石に使う石は、なぜみかげ石なんでしょう?

デザイン部 泉澤デザイン部 泉澤

お墓のリフォームでは、軟石の古いお墓などは
御影石のお墓への作り替えをおすすめしています。

では、何故御影石なのか?
今回は墓石に使われる「石」について少しご説明をしたいと思います。

“御影石(みかげいし)”とは、元々は兵庫県六甲山麓(御影地方)で採れた花崗岩の石材名でした。
石材業界では御影石は通例的に花崗岩を指す総称として使われています。
この御影石は、産地や色によってそれぞれ名前が付けられていて
これらは「石種」と呼ばれています。

石の品質は硬度(圧縮強度)と吸水率であらわされます。
圧縮強度とは、石材に一定の圧力をかけてどの程度まで耐えるのかを数値化したものです。
吸水率は一定条件での水の吸い込み度合いを数値化したもので、
どちらも石の組成や密度によって変動します。
これらの数値は一概に高ければ良いというものではありません。

石材店では、日々御影石を削ったり磨いたり文字を彫ったりしていますので、
その石が花崗岩の中で硬い石なのか軟らかい石なのか即座に判断できます。
そして建立実績やお墓を長年見てきた経験則がありますので
石の特徴などについては営業担当にお尋ねいただいて
満足いただけるお墓づくりの参考にしていただければと思います。


お問い合わせ先
お墓の総合展示場[ときわギャラリー]
札幌市南区石山東7丁目7-34
フリーダイヤル:0120-16-1483

石の品質とは

デザイン部 泉澤デザイン部 泉澤

石の品質の一つに吸水率という物があります。
これは石がどれだけ水を吸うかという目安の数字で、吸水率が低いということは石にとって大切なことです。


写真は吸水率の少ない黒系の石です。
しかし、多少の吸水率や強度の違いは、実はあまり問題ではありません。
耐久性に関しては、むしろお墓を建てる立地の方が大きく影響します。
沿岸部の潮風にあたる場所などでは石の風化は早くなります。
そのため、石の種類はその人にとって好きな色・柄が大切だと思います。
実際にお選びになる時には、実際に展示場等で、じっくりご覧になって下さい。

 


お問い合わせ先
お墓の総合展示場[ときわギャラリー]
札幌市南区石山東7丁目7-34
フリーダイヤル(0120)16-1483

雪が降る前にお墓の目地補修をしました。

帝北石材帝北石材

先日、お客様からお墓のリフォームのご依頼があり、現地確認をするために里塚霊園に行ってきました。お墓は40年ほど前に建立されたお墓でした。当時は目地材はセメントが主流でしたが、降雪など温度変化の激しい北海道では、セメントの経年劣化は激しくお客様のお墓のセメント目地はほとんどが剥がれ落ちてしまい隙間が大きく空いてしまって、つなぎの役割を果たしていませんでした。

このままの状態では隙間はどんどん広がってお墓が倒れてしまうことも想定されます。処置としては墓石用のボンドコーキングで新たに目地をし直ししっかりとお墓を固定します。コーキングは粘着力も高く密封性もあり水の浸入を防ぎます。お客様のお墓自体は御影石でしっかりと作られていましたので目地の補修でお墓を長持ちさせることができると思います。

北海道もあともう少しで冬へと入りますので雪が積もる前にお墓の気になる所や補修が必要な所がありましたら、どんな些細な事でもご相談ください。すぐに現地確認し無料でお見積りとお墓の状態をご報告させていただきます。


お問い合わせ先
お墓の総合展示場[ときわギャラリー]
札幌市南区石山東7丁目7-34
フリーダイヤル(0120)16-1483

この度、新しく「三浦雄一郎記念碑」が出来ました。

営業部 石川営業部 石川

滝野霊園にはいろいろな記念碑がありますが、この度、新しく「三浦雄一郎記念碑」が出来ました。

プロフィールを見るとあらためて素晴らしい人だと感じました。
80才でエベレスト登頂成功ですから信じられないですよね
滝野霊園の2期にある八角堂の横に建ってますので一度足を運んで見てみてください。

 

 

ちなみに私が小学生の時に三浦雄一郎スキースクールに参加した記憶がありますが、最近20年ぐらいスキーはしてません。

札幌近郊ですと、毎年12月上旬まで建立が可能です。ぜひ、今年の建立もまだまだ間に合いますので、ご相談ください


お問い合わせ先
お墓の総合展示場[ときわギャラリー]
札幌市南区石山東7丁目7-34
フリーダイヤル(0120)16-1483

土台の補修はどのようにしたらよいですか?

営業部 吉澤営業部 吉澤

お墓の状態は良いのですが、土台のコンクリート等がはがれてきました。
補修はどのようにしたらよいですか?

左官仕上げでコンクリートの剥離した部分を上塗りすることも可能ですが、その場合、耐久年数的には墓所の状況、環境にもよりますが、半永久的とはいきません。できれば御影石で石を据え付けていく方法にされることをお勧めいたします。
DSCF4338 DSCF4342

 

一部の基礎をきれいに直していくことも可能です
IMG_20150724_070713 IMG_20150725_121944

費用を最小限にして工事する方法もたくさんありますので、信用のおける石材店に、まずは現在の状況を見てもらい、改善策を提案してもらいましょう。
この改善策は、石材店により様々です。

帝北石材では、お客様のご予算、出来上がりイメージの制作、今後の引き継がれる方のメンテナンス方法等、様々な角度からリフォームのご相談を承っております。お気軽にお問合せください。


お問い合わせ先
お墓の総合展示場[ときわギャラリー]
札幌市南区石山東7丁目7-34
フリーダイヤル(0120)16-1483

水鉢のかたち

デザイン部 泉澤デザイン部 泉澤

最近、デザイン墓石やおしゃれな洋型の墓石を選ばれる方が増えており、
設置する水鉢のデザインも変わってきています。
水鉢はすぐ下の部材の経机(きょうづくえ:納骨室の入口を塞いでいます。)を動かし、納骨する必要があるため、
持ちやすい形状と軽いことが条件です。
水鉢の上部には線香立とロウソクの防風灯等の金具を取り付けたり、線香皿も置けます。
下側が傾斜しているため、持ちやすく、
四角いものと比べ平面が楕円になっているため重量も軽く仕上がります。
CIMG0954 CIMG0955 CIMG0956
主張せず機能を果たすそんなデザインになっています。

お問い合わせ先
お墓の総合展示場[ときわギャラリー]
札幌市南区石山東7丁目7-34
フリーダイヤル(0120)16-1483

マーブル模様の御影石

デザイン部 泉澤デザイン部 泉澤

私が好きな石で赤と黒のマーブル模様が綺麗なオーロラという名前の御影石があります。この石材は建築資材としても人気があり、お墓では床石の部材として使用されることの多い石です。石塔本体に使用してみると独特の雰囲気で個性のあるお墓になります。特に濃い黒い石と組み合わせると赤が映えますのでおすすめです。


お問い合わせ先
お墓の総合展示場[ときわギャラリー]
札幌市南区石山東7丁目7-34
フリーダイヤル(0120)16-1483

お墓の石選び

帝北石材帝北石材

お墓を建てる時の石選びはいろいろ迷う部分でもあります。選ぶ石の種類で見た目がかなり変わりますので石選びはとても重要です。現在、お墓に使われている御影石はとても種類が多く、天然石なので同じ石でも色味や模様が微妙に違います。原産地、給水率、特徴など見ながら石を選んでいただけるように32種類の石見本を準備しております。手に取り気に入ったものをお選びください。お選びいただいた石でお墓を建てた時のイメージをコンピューターで作成してご覧いただくこともできます。


お問い合わせ先
お墓の総合展示場[ときわギャラリー]
札幌市南区石山東7丁目7-34
フリーダイヤル(0120)16-1483

石んこ地藏

お客様係 高田お客様係 高田

ときわギャラリーにはいろいろな石小物を取りそろえています。アンパンマンやドラえもんのような人気キャラクターや、お墓に置くお地蔵様、インテリアとしてお使いいただけるのもなどがあり、その中で最も人気なのは「石んこ地藏」です。

霊園で当社が建立させて頂いたお墓にある石んこ地蔵をご覧になった方、既にお墓は建てたけれどかわいい石んこ地蔵を置たいなど、実際に来店して実物をご覧にお越しになられる方もいらっしゃいます。この石んこ地蔵は心を込めてひとつひとつ手で彫りあげており石の重厚感や、温もりある表情が人気の石小物です。

パンフレットもご用意しておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。帝北石材では毎週金土日にお墓の相談会を開催しており、お墓のお引越しリフォームなどもご相談も承っております。お気軽にお越しください。お飲み物とおいしいお菓子をご用意してお待ちしております。


お問い合わせ先
お墓の総合展示場[ときわギャラリー]
札幌市南区石山東7丁目7-34
フリーダイヤル(0120)16-1483