札幌への改葬のご相談が増えています

営業部 後藤営業部 後藤

小樽奥沢墓地のご紹介です。

丘陵の中にお墓が沢山建立されています。

近年は、この丘陵がゆえにお墓参りが辛く、

行けなくなってきたので『墓じまい』を相談されることもあります。

札幌近郊の墓地から札幌の供養先にお骨の引っ越しをされることが

これからも多くなるのかと想像します。

『墓じまい』の当社にご相談ください。

北海道全域での改葬を承っております。

お客様係 高田お客様係 高田

先日、地方のお墓にはなかなか足を運べないので、札幌へ「お墓の引っ越し(改葬)」を行いたいのですがお宅にお願いできますか?というお問い合わせをいただきました。
お墓の引っ越しは手続きなども多く、墓所を移動するための申請や新しい墓所の契約、古いお墓の解体返地手続きなど、想像以上に大変なことも多いため、ご相談をいただくことも多いです。
北海道全域で対応している当社にお任せいただければご安心です。
札幌市南区にあります真駒内滝野霊園では納骨するお骨の有無に関わらず、いつでもお申し込みが可能です。
また、墓所内の場所もご自分で決めることができます。
いつでも霊園をご案内できますので見学をご希望の方はお気軽にお問合せ下さい。
改葬に関する資料も多数ご用意しておりますので、資料請求お待ちしております

札幌以外からの改葬も承ります。

営業部 後藤営業部 後藤

お墓が遠方にあると、忙しくてどうしてもお墓参りに行けない場合があります。年一回のお墓参りに行けなければ、まるまる一年はお墓のお手入れができないということになってしまいます。そういった問題を解消するために、遠方にあるお墓を札幌へと移したいというご相談が増えてきています。

改葬をする場合には、遺骨の移動をすることになるので、現在遺骨のある市町村役場から改葬許可証を発行してもらうことが必要になります。

この辺の手続きなどはなかなか煩雑な部分もあり、遺骨がお墓にあるのか納骨堂にあるのかによっても違ってきます。

帝北石材では、改葬に係る手続きなどのお手伝いも承っておりますので、遠方からお墓を移転する改葬をご検討の方は、当社までお気軽にご相談ください。

札幌で改葬を承っております。

お客様係 藤田お客様係 藤田

 

お墓や納骨堂からお骨を別の場所に移すことを「改葬」といいます。改葬をする理由は、お墓が遠方で毎年のお墓参りが大変・お墓がある場所に誰も住んでいない・将来的にお子さんのいる札幌にお墓を移動したいなど理由は様々です。

 

札幌へ改葬をご希望の方も多く、当社でも毎年たくさんのお客様のお墓じまいをお手伝いさせていただいております。
今年は札幌市営霊園の使用者募集があり、札幌へ「改葬」することも申し込み資格の対象になります。お墓のお引越し先はおおむね3通りの方法があります。

 

①新しいお墓を建てる
移転先の墓地や霊園に新しい墓石を建立し、納骨します。元のお墓は解体し墓所を返還します。

 

②新しい墓所に現在ある墓石を移転します
思い入れのあるお墓をそのまま移設したいという場合、石材店が墓石を解体して新しい墓所に移設します。

 

③お骨を永代供養に納める
お墓を継ぐ人がなく無縁墓となってしまうことが予想される場合、お墓じまいをして納骨堂や合葬墓などにご遺骨納めます。

 

最近のお問い合わせの中で多くなってきているのが、納骨堂からお墓への改葬です。将来的に合葬されてしまう事や納骨される人数に制限がある事を気にされる方が多いようです。改葬をお考えの方は、手順をわかりやすくまとめた資料や実際に当社でお墓を改葬された「お客様の声」をご用意しておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

お墓のお引越しのご相談承ります。

デザイン部 岸上デザイン部 岸上

先日「お墓の引っ越しを考えているんですが、お墓の中のご遺骨はどうやって取り出すの?」というご質問を頂きました。

毎年お墓参りには行くけれど、ご納骨に立ち会ったことがない。ご納骨したことはあるけれど、お骨を取り出せるか心配という方も多いと思います。お墓は大きく分けて、

昔からある縦長の和型、
背が低い洋風な洋型、
洋風なお墓の中でも縦長の和洋型

の3種類あります。

一般的な和型墓ですと、水鉢という部材を動かしてトンネルのように下に向かって納骨室がある構造や洋型墓などは、納骨室を塞いでいる石も平らで大きく開く構造、納骨室の手前だけが見ることが出来るものなどお墓の構造は様々です。

墓石の中で、納骨の際に動かす石材は、決まっていますが、「納骨の時に、どの石かわからない」とお電話をいただくこともたまにあります。

ただ実際には、家の間取りが一軒づつ違うように、お墓の図面も石材店によって違いますので、図面がある場合はそちらで確認をして入口の大きさなどもご確認するのが安心ですね。

古いお墓ですと、お墓の図面がどこにあるのかわからない事や、建立者がすでに亡くなって、契約書や図面などを探すのは大変ということもありますよね。お墓にご納骨するのはできても、お骨を取り出すとなると、奥まで手が届かなく、上に載っている大きな石を動かす必要がある事も。

お墓の引っ越しやご遺骨の分骨などを考えている際はぜひ一度、帝北石材までご相談ください。当社では、お墓の引っ越しのわかりやすい資料もご用意しております。お気軽にお問い合わせください。

 



お問い合わせ先
お墓の総合展示場[ときわギャラリー]
札幌市南区石山東7丁目7-34
フリーダイヤル(0120)16-1483

地方から札幌への改葬承ります。

お客様係 高田お客様係 高田

お墓や納骨堂からお骨を別の場所に移すことを「改葬」といいます。改葬をする理由は、お墓が遠方で毎年のお墓参りが大変・お墓がある場所に誰も住んでいない・将来的にお子さんのいる札幌にお墓を移動したいなど理由は様々です。

 

札幌へ改葬をご希望の方も多く、当社でも毎年たくさんのお客様のお墓じまいをお手伝いさせていただいております。
今年は札幌市営霊園の使用者募集があり、札幌へ「改葬」することも申し込み資格の対象になります。お墓のお引越し先はおおむね3通りの方法があります。

 

①新しいお墓を建てる
移転先の墓地や霊園に新しい墓石を建立し、納骨します。元のお墓は解体し墓所を返還します。

 

②新しい墓所に現在ある墓石を移転します
思い入れのあるお墓をそのまま移設したいという場合、石材店が墓石を解体して新しい墓所に移設します。

 

③お骨を永代供養に納める
お墓を継ぐ人がなく無縁墓となってしまうことが予想される場合、お墓じまいをして納骨堂や合葬墓などにご遺骨納めます。

 

最近のお問い合わせの中で多くなってきているのが、納骨堂からお墓への改葬です。将来的に合葬されてしまう事や納骨される人数に制限がある事を気にされる方が多いようです。改葬をお考えの方は、手順をわかりやすくまとめた資料や実際に当社でお墓を改葬された「お客様の声」をご用意しておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

改葬には「改葬許可申請書」が必要です。

帝北石材帝北石材

 

お墓の引越しお墓じまいの際には、市町村に「改葬許可申請書」などの必要書類を提出し、「改葬許可証明書」を入手しなければなりません。

「証明書」と聞いただけで面倒に感じられるかもしれませんが、証明書の入手から申請まですべて弊社で代行することができるのでご安心ください。

手順としては、まず新しい墓地や霊園の管理者から「墓地使用許可証」または「受入証明書」を発行してもらいます。
次に現在のお墓の管理者から「埋葬・埋蔵証明書」を発行してもらいます。
そして現在お墓がある市町村の窓口で「改葬許可申請書」を受け取り、必要事項を記入します。

この時、埋葬されている遺骨の氏名、死亡時の住所、本籍地、死亡年月日などが必要になるので、分からない場合はあらかじめ戸籍謄本などで調べておきます。

「改葬許可申請書」、「埋葬・埋蔵証明書」、「墓地使用許可証」または「受入証明書」を、現在お墓のある市町村の窓口に提出し、受理されれば1週間くらいで「改葬許可証」が発行されます。これで公的にお墓の引越し、移転、改葬が認められたことになります。

この手続きをせずに無許可で改葬をしてしまうと罰則の対象となる場合もあるので、必ず届け出るようにしましょう。


お問い合わせ先
お墓の総合展示場[ときわギャラリー]
札幌市南区石山東7丁目7-34
フリーダイヤル(0120)16-1483

お墓のお引越し(改葬)をする方が増えています。

お客様係 藤田お客様係 藤田

現在あるお墓や納骨堂からお骨を別の場所に移すことを「改葬」といいます。
毎年お盆明けに「改葬」についてのお問い合わせが多くなってきています。
9月12日に行われたお墓の市民講座にご参加して頂いた皆様の半数の方が将来的に「改葬を」ご検討されていました。
お墓が遠方で、毎年のお墓参りが大変・お墓がある場所に誰も住んでいない・将来的にお子さんのいる札幌にお墓を移動したいなど、理由は様々です。
札幌へ改葬をご希望の方も多く毎年たくさんのお客様のお手伝いをさせていただいております。

お墓のお引越し先はおおむね3通りの方法があります。

①新しいお墓を建てる。
移転先の墓地や霊園に新しい墓石を建立し、納骨します。元のお墓は解体し墓所を返還します。

②新しい墓所に現在ある墓石を移転します。
思い入れのあるお墓をそのまま移設したいという場合、石材店が墓石を解体して新しい墓所に移設します。

③お骨を永代供養に納める
お墓を継ぐ人がなく無縁墓となってしまうことが予想される場合、お墓じまいをして納骨堂や合葬墓などにご遺骨納めます。

 

また最近のお問い合わせの中で多くなっているのが納骨堂からお墓へ改葬です。将来的に合葬されてしまう事や納骨される人数に制限がある事を気にされる方が多いです。
お墓のお引越しにはいろいろな手続きがあり、現在納骨されている場所によっても異なります。
「改葬」の手順をわかりやすくまとめた資料や実際に当社でお墓を改葬された「お客様の声」をご用意しておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい

 

 

札幌市以外からの改葬について

営業部 国分営業部 国分

お墓が遠方にあると、忙しくてどうしてもお墓参りに行けない場合があります。年一回のお墓参りに行けなければ、まるまる一年はお墓のお手入れができないということになってしまいます。そういった問題を解消するために、遠方にあるお墓を札幌へと移したいというご相談が増えてきています。

改葬をする場合には、遺骨の移動をすることになるので、現在遺骨のある市町村役場から改葬許可証を発行してもらうことが必要になります。

この辺の手続きなどはなかなか煩雑な部分もあり、遺骨がお墓にあるのか納骨堂にあるのかによっても違ってきます。

帝北石材では、改葬に係る手続きなどのお手伝いも承っておりますので、遠方からお墓を移転する改葬をご検討の方は、当社までお気軽にご相談ください。

 

 



お問い合わせ先
お墓の総合展示場[ときわギャラリー]
札幌市南区石山東7丁目7-34
フリーダイヤル(0120)16-1483

 

札幌で改葬を承っております。

お客様係 藤田お客様係 藤田

お墓や納骨堂からお骨を別の場所に移すことを「改葬」といいます。改葬をする理由は、お墓が遠方で毎年のお墓参りが大変・お墓がある場所に誰も住んでいない・将来的にお子さんのいる札幌にお墓を移動したいなど理由は様々です。

 

札幌へ改葬をご希望の方も多く、当社でも毎年たくさんのお客様のお墓じまいをお手伝いさせていただいております。
今年は札幌市営霊園の使用者募集があり、札幌へ「改葬」することも申し込み資格の対象になります。お墓のお引越し先はおおむね3通りの方法があります。

 

①新しいお墓を建てる
移転先の墓地や霊園に新しい墓石を建立し、納骨します。元のお墓は解体し墓所を返還します。

 

②新しい墓所に現在ある墓石を移転します
思い入れのあるお墓をそのまま移設したいという場合、石材店が墓石を解体して新しい墓所に移設します。

 

③お骨を永代供養に納める
お墓を継ぐ人がなく無縁墓となってしまうことが予想される場合、お墓じまいをして納骨堂や合葬墓などにご遺骨納めます。

 

最近のお問い合わせの中で多くなってきているのが、納骨堂からお墓への改葬です。将来的に合葬されてしまう事や納骨される人数に制限がある事を気にされる方が多いようです。改葬をお考えの方は、手順をわかりやすくまとめた資料や実際に当社でお墓を改葬された「お客様の声」をご用意しておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。