デザインを重視したお墓

デザイン部 少覺デザイン部 少覺

 

文字や家紋だけのお墓もシンプルで美しいものですが、今回はメッセージ性の高いデザインのお墓の例を紹介いたします。

 

デザインを重視したお墓
デザインを重視したお墓

これらはお客様に用意していただいた文字やイラストを使用したり、お墓のイメージをお聞きした上で作成するものがあり、どちらも石の特性にあった瀟洒なデザインに配慮し、大切な方を思い出すことのできるよう提案させていただいております。

 

帝北石材ではお客様のイメージを墓石にするお手伝いをしております。お墓についてご検討中の方は、お墓づくりについて詳しく紹介している当社ホームページもぜひご覧ください。

 

お問い合わせ先
帝北石材:お墓の総合展示場
札幌市南区石山東7丁目7-34
フリーダイヤル(0120)16-1483

お墓の家紋の位置

デザイン部 少覺デザイン部 少覺

 

ご自身の家の家紋はご存知でしょうか。
家紋はトレードマークのようなもので、家のルーツを表す紋章として用いられているものです。繊細で美しいデザインの多い家紋ですが、彫刻する場所によってお墓の印象も変わります。

 

主に「花立」か「水鉢」に彫刻することが多い印象を受けますが、もちろんこれは決まり事ではなく、家紋を入れない事もあります。

 

【水鉢の家紋/花立の家紋/石塔に家名と家紋】

 

他には墓誌や門柱、建之者のお名前の上に彫ることもありますし、両家墓の際には左右の花立にそれぞれ別の家紋を入れる場合もあります。いずれにせよ決ったルールは無く、墓石のデザインに応じて見やすさや好みを考慮し、お客様とご相談して決めてまいります。

 

【墓誌の家紋/建之者名の上の家紋】

 

【門柱の家紋】

 

帝北石材では約4500ほどの家紋データがありますが、同じ名前の家紋でもその家によって微妙に違いがあったり、バランスが異なることがあります。その際には調整をしながら作成いたしますので、細かいご要望もお伝えください。

 

帝北石材

お問い合わせ先
帝北石材:お墓の総合展示場
札幌市南区石山東7丁目7-34
フリーダイヤル(0120)16-1483

墓石彫刻が彫られるまで

デザイン部 少覺デザイン部 少覺

 

今回は、墓石の彫刻デザインと彫り方の流れを簡単にご紹介させていただきます。

 

(1)お客様からお伝えいただいたイメージをパソコン上でデザインして形にしていきます。

 

【パソコン上でデザイン】

 

(2)デザイン決定後、彫刻の指示書を作成して、データとともに彫刻版を作成する工場に送ります。

 

【彫刻の指示書】

 

(3)工場ではデザインデータをプロッタという機械で出力して、ゴム製の版を製作します。

 

【版を製作】

 

(4)ゴム版を石に貼り付けて、彫刻する部分をはがしていきます。

 

【版を製作】

 

(5)彫刻する部分を除いて石をマスキングします。

 

【石をマスキング】

 

(6)砂を吹き付けて彫刻していきます。

 

【彫刻】

 

(7)石が砂で削られました。

 

【彫刻】

 

(8)彫った後に墨を入れます。(墨を入れない場合もあります)
写真の墓石は白色を入れています。

 

【完成】

 

このように墓石への彫刻は、職人の手によって一つ一つ丁寧に行っております。オリジナルの彫刻をお考えの方は、ぜひ帝北石材にご相談ください。

 

帝北石材

お問い合わせ先
帝北石材:お墓の総合展示場
札幌市南区石山東7丁目7-34
フリーダイヤル(0120)16-1483

お墓の文字の書体について。

デザイン部 少覺デザイン部 少覺

 

墓石に彫ることのできる書体は様々ですが、基本的には楷書体、行書体、隷書体の三書体が使われています。
これらの書体はある程度の線の太さがあるため、石を深く彫ることができます。それにより仕上がりは印象的になります。

 

【行書体/楷書体】
【隷書体/線が細い例】

 

逆に上図右下のように線が細いと彫りが浅くなり、ぼやけた感じなってしまうことがあります。どうしても細い線を用いる場合には、文字を大きめに配置するなどの配慮が必要になってきます。

 

このように私たちは彫りの深さや墨の色も考慮しながら、最適な文字レイアウトをご提案させていただいております。
彫刻へのご希望も帝北石材へお気軽にご相談ください。

 

帝北石材冬

お問い合わせ先
帝北石材:お墓の総合展示場
札幌市南区石山東7丁目7-34
フリーダイヤル(0120)16-1483

花をあしらった墓石彫刻デザイン。

デザイン部 少覺デザイン部 少覺

 

最近では大切な方への思いを込めた花を墓石の彫刻デザインに取り込む方も多くいらっしゃいます。
文字だけではときにいかつく見えるお墓も、花をあしらうことによって印象が変わってきます。
お好きな花や特別な意味のある花など様々な花が選ばれていて、ときににぎやかに、ときには静かにお墓を見守ってくれる、厳かな中にも優しさがこもるデザインとして好まれています。

 

【お花をあしらったデザイン例】

 

帝北石材では、彫刻用の花の絵のサンプルをご用意しています。
人気のサクラやバラなど40種類以上のサンプルがありますので、お好みのお花が見つかると思います。お墓建立をお考えの方はぜひご相談ください。

 

帝北石材冬

お問い合わせ先
帝北石材:お墓の総合展示場
札幌市南区石山東7丁目7-34
フリーダイヤル(0120)16-1483

英字の墓石彫刻イメージ

デザイン部 少覺デザイン部 少覺

 

墓石に刻まれる言葉には様々なものがあり、いずれもご家族の方が大切な人を偲んで選んだ素晴らしいものです。「偲ぶ」「憩い」などのような単語から、「家族いっしょに」「みんないっしょ」のように短い文になっているものも珍しくありません。

 

最近では、例えば「Memories」「Forever」「My Family」のような英語を好まれる方も多いようです。

 

【英字の墓石イメージ】

 

英字の書体はカッチリしたセリフ(明朝に相当)やサンセリフ(ゴシックに相当)から筆記体までバラエティ豊かなのが特徴です。
また、デザイン型・洋型の墓碑にイラストなどと一緒に配置したときの相性も良く、若い方に人気があります。

 

 

帝北石材では想いをかたちにするお手伝いをいたします。
ご要望をお持ちの方はお気軽にご相談ください。

 

帝北石材

お問い合わせ先
帝北石材:お墓の総合展示場
札幌市南区石山東7丁目7-34
フリーダイヤル(0120)16-1483