HOME > お墓の引越し・移転・改葬の基礎知識 > 永代供養

永代供養

永代供養墓とは

「永代供養」とは、様々な理由からお墓を承継することが難しくなったり、お墓参りに行ける人がいなくなることが予想されるために、お寺や霊園の合祀墓などにお骨を安置し、永代にわたり管理と供養をしてもらうというものです。近年では核家族化や少子化によって、永代供養をご希望される方が増えてきています。

例えば

  1. 遠い地方にある古いお墓を片付けて札幌にお骨を移したい。
  2. 子供もいないし、お墓を建てても将来的に管理する者がいない。
  3. 自分の死後に子供に金銭的にも負担をかけたくない。
  4. お寺との付き合いを止めてお墓も移したい。
  5. お墓参りに行くことが難しくなってきた。
  6. 生前に自分の納骨先を決めてしまいたい。

永代供養墓での祀り方

主なタイプとしては、最初からご遺骨を一箇所にまとめて土に還す合祀タイプと一定期間を納骨堂や納骨棚に安置してから合祀するタイプがあります。一度合祀されると他の人のご遺骨と一緒になるので再び取り出すことが出来ません。納骨された方の氏名や戒名を墓誌や過去帳、石碑に記載して永代にわたり管理していきます。合祀する際に分骨して手元にお骨を残す『手元供養』も最近人気です。

永代供養墓の特徴

最大の特徴はお墓参りに行けなくても寺院や霊園が永代にわたり管理・供養をしてくれます。宗旨・宗派を問わずに利用することが出来、お彼岸やお盆時期には合同法要が行われる寺院や霊園も多く、管理に対する不安が少なく一式の料金を払えばその後の管理費やお布施のような支払いが発生しないのでお墓を建立より比較的安くご供養ができます。

真駒内滝野霊園合葬墓 ふる里霊廟のご紹介

真駒内滝野霊園の合葬墓『ふる里霊廟』は、お墓を建てても将来的に継ぐ方がいないという方や、自分の死後に周りに負担をかけたくないといった方などにおすすめの墓所です。宗旨・宗派を問わず、どなたでもご利用いただけます。充実の施設と管理の元、真駒内滝野霊園が永代にわたりご供養を行います。ご契約時に支払う永代使用料の他には追加費用が一切かからないのも安心できるポイントです。


100日供養室

ふるさと霊廟

安置室

目次:失敗しないお墓の引越し・移転・改葬

お墓の引越しの基礎知識
お墓の引越しの方法とその流れ
お墓の引越しの費用について
お墓の引越しの具体的な手続き
お墓の引越しでよくあるトラブル
お墓の引越しでよく頂くご質問
永代供養 ← 現在のページはこちらです。
お墓の引っ越しの専門家による無料相談会のご案内

<< 前のページ |  次のページ >>

お電話での相談申込はこちら 0120-16-1483

メールでのお問い合わせはこちら

お電話での相談申込はこちら 0120-16-1483

メールでのお問い合わせはこちら

このページの先頭に戻る