HOME > お墓の引越し・移転・改葬の基礎知識 > お墓の引越し、移転、改葬の手続きと改葬許可申請書

お墓の引越し、移転、改葬の手続きと改葬許可申請書

お墓の引越し、移転、改葬には公的な手続きも必要になります。埋葬の監督官庁は市町村ですので、お墓を引っ越す際にも届出を行います。

改葬には「改葬許可証」が必要

お墓の引越し、移転、改葬の際には、市町村に「改葬許可申請書」などの必要書類を提出し、「改葬許可証明書」を入手しなければなりません。
「証明書」と聞いただけで面倒に感じられるかもしれませんが、証明書の入手から申請まですべて弊社で代行することができるのでご安心ください。

改葬許可申請手続き

改葬許可申請書

改葬許可申請書

手順としては、まず新しい墓地や霊園の管理者から「墓地使用許可証」または「受入証明書」を発行してもらいます。次に現在のお墓の管理者から「埋葬・埋蔵証明書」を発行してもらいます。そして現在お墓がある市町村の窓口で「改葬許可申請書」を受け取り、必要事項を記入します。この時、埋葬されている遺骨の氏名、死亡時の住所、本籍地、死亡年月日などが必要になるので、分からない場合はあらかじめ戸籍謄本などで調べておきます。

「改葬許可申請書」、「埋葬・埋蔵証明書」、「墓地使用許可証」または「受入証明書」を、現在お墓のある市町村の窓口に提出し、受理されれば1週間くらいで「改葬許可証」が発行されます。これで公的にお墓の引越し、移転、改葬が認められたことになります。この手続きをせずに無許可で改葬をしてしまうと罰則の対象となる場合もあるので、必ず届け出るようにしましょう。

改葬許可申請を代行してくれる石材店も

改葬許可申請を代行してくれる石材店も

前述のとおり、これら一連の手続きは、慣れていないとかなり面倒に感じられるかもしれません。多忙な方や高齢の方は、手続きを熟知した石材業者に代行してもらうとよいでしょう。帝北石材は改葬許可証取得の手続きを代行していますので、お気軽にご相談ください。

信頼できる石材店を利用しよう

お墓の引越し、移転、改葬にあたっては、改葬許可証を受けずに工事をしてしまう業者や、産業廃棄物として正規に処分しなくてはならない古い墓石や外構を埋めて行ってしまう業者など、悪質な石材業者も見受けられます。こうした行為は法律や条例に違反するもので、倫理的にも許されるものではありません。また、後になって問題が起きないとも限りません。改葬には信頼できる石材業者をご利用いただくことをおすすめします。

信頼できる石材店を利用しよう

目次:失敗しないお墓の引越し・移転・改葬

お墓の引越しの基礎知識
お墓の引越しの方法とその流れ
お墓の引越しの費用について
お墓の引越しの具体的な手続き ← 現在のページはこちらです。
お墓の引越しでよくあるトラブル
お墓の引越しでよく頂くご質問
永代供養
お墓の引っ越しの専門家による無料相談会のご案内

<< 前のページ |  次のページ >>

お電話での相談申込はこちら 0120-16-1483

メールでのお問い合わせはこちら

お電話での相談申込はこちら 0120-16-1483

メールでのお問い合わせはこちら

このページの先頭に戻る