HOME > お墓の引越し・移転・改葬の基礎知識 > お墓の引越し、移転、改葬の費用

お墓の引越し、移転、改葬の費用

お墓の引越し、移転、改葬に掛かる費用は、合計でいくらくらいになるのでしょう。もちろんお墓のグレードによって差はありますが、一般的な相場では120万~150万円といわれています。
では、その気になる内訳を 項目ごとにご説明いたします。

閉眼法要と開眼法要のお布施

墓地や霊園を手に入れるには、永代使用料、管理料などの費用が必要となります。その金額は施設によって千差万別ですので、管理者や石材店にお尋ねください。永代使用料は購入時に一括払いまたはローンを組み、管理料は年間払いが多いようです。一度支払った永代使用料は理由の如何にかかわらず返却されず、お墓を明け渡しても戻ってこないのが一般的です。

墓地・霊園への永代使用料・管理料

閉眼法要(閉眼供養)は「魂抜き」ともいい、墓所に宿ったご先祖さまの魂を抜く儀式のことです。また、開眼法要(開眼供養)は新しい墓所にご先祖さまの魂をお招きする儀式です。いずれもお寺にお願いした場合、相場は1~3万円くらいです。お布施ですので「気持ち」を包めばよいのですが、お寺によっては規定がある場合もあります。

墓石の費用

標準的な墓石で基礎工事も含めると120~150万円くらいが目安になります。墓所の大きさや使用する石材のグレードによって差が生じますので、見積りの際にじっくり検討されることをおすすめします。墓石は、石材の種類、硬度、吸水率、デザイン加工などが価格の判断材料になります。基礎工事をせずに墓石を置くだけの場合は30~50万円くらいで済むこともあります。

解体と処分の費用

古いお墓の処分に掛かる費用は、解体作業費と産業廃棄物処理費になります。こちらは作業の難易度にもよりますが、おおむね10~30万円程度です。悪質な業者は解体だけで50万円以上を提示し、断ると10万円単位で値下げしていくという信頼できないケースもあるようです。古い墓石は産業廃棄物になりますので、こちらもきちんと手続きを踏んで処分することが必要です。

信頼できる業者なら費用も安心

必要以上の費用を抑え、すこしでも経済的にお墓の引越し、移転、改葬を行うには、地元で長く営業している、信頼と実績のある石材店、料金を明示している業者に依頼することです。もちろん現地調査と見積りは欠かせません。悪質な石材業者の見分け方としては「現場を見ないで料金を提示する」、「見積書を出さない」、「請求明細を出さない」、「相場以上の高額請求」、「古い墓石を産業廃棄物として処理していない」などがあります。

高い業者に引っかかるのもいけませんが、安かろう悪かろうでもご先祖さまに申しわけありません。費用については、どのあたりが適正かをよく検討しましょう。分からないこと、お悩みのことがありましたら、帝北石材までお気軽にご相談ください。

目次:失敗しないお墓の引越し・移転・改葬

お墓の引越しの基礎知識
お墓の引越しの方法とその流れ
お墓の引越しの費用について ← 現在のページはこちらです。
お墓の引越しの具体的な手続き
お墓の引越しでよくあるトラブル
お墓の引越しでよく頂くご質問
永代供養
お墓の引っ越しの専門家による無料相談会のご案内

<< 前のページ |  次のページ >>

お電話での相談申込はこちら 0120-16-1483

メールでのお問い合わせはこちら

お電話での相談申込はこちら 0120-16-1483

メールでのお問い合わせはこちら

このページの先頭に戻る