HOME > お墓の引越し・移転・改葬の基礎知識

お墓の引越し・移転・改葬の基礎知識

お墓の引越し・移転をする理由

ひとたびお墓に納骨した以上、そこに遺骨を永遠に埋葬しておければ理想的です。しかし、供養する私たちにも事情があり、お墓の引越し、移転、改葬が必要になることもあります。寺院や霊園の都合による場合もありますが、多くは施主側の都合です。

お墓の引越し、移転、改葬の動機としては、次のようなものがあります。

  1. 遠方に引っ越すので、お墓も一緒に引っ越したい
  2. お墓参りが不便なので、便利な場所に移転したい
  3. お寺との関係を解消したいので、霊園などに改葬したい

北海道を例に取ると、「遠くてお墓参りができないので、ふるさとにあるお墓を、生活している札幌に移したい」というようなケースがあります。また、お寺は山などの高い場所にあることが多く、高齢になるとお墓参りがひと苦労ということで、それも移転の動機になります。そして最近は寄付やお布施が必要な寺院と縁を切りたいと考える方も多く、寺離れのために改葬となることもあります。

お墓の引越しは3通りあります。

お墓の引越し、移転、改葬にはおおむね3通りの方法があります。

【1】新しいお墓を建てる

新しいお墓を建てる

移転先の墓地や霊園に、新しい墓石を建立し、納骨と開眼供養を行います。家族が遠方に離れ離れになっている場合はお骨を分けて葬る分骨という方法もあります。

【2】新しい墓所に現在ある墓石を移転する

新しいお墓を建てる

思い入れのあるお墓をそのまま移設したいという方もいらっしゃいます。この場合、石材店が墓石を分解してトラックで運搬します。

【3】お骨を永代供養に納める

新しいお墓を建てる

子どもがいない、女性しかいない、という場合はいずれ無縁仏になってしまうため、寺院の納骨堂などに永代供養として遺骨を納めます。この場合、新しいお墓は不要になります。

上記いずれの場合も古い墓石は処分しなければなりません。
魂を抜く法要を済ませた石碑は産業廃棄物として処分されます。処分は工事をする石材店が担当することが多く、私ども帝北石材でもお引き受けしています。なかには竿石(家名等が彫られた石碑部分)だけ記念碑として新しい墓所に移設する場合もあります。

お墓の引越し、移転、改葬には、それなりに費用も掛かりますし、法要の段取りもあります。また法律に基づき改葬許可証明書を申請する手続きも必要になります。お墓づくりに実績のある石材店にお早めにご相談いただくことをおすすめします。

目次:失敗しないお墓の引越し・移転・改葬

お墓の引越しの基礎知識 ← 現在のページはこちらです。
お墓の引越しの方法とその流れ
お墓の引越しの費用について
お墓の引越しの具体的な手続き
お墓の引越しでよくあるトラブル
お墓の引越しでよく頂くご質問
永代供養
お墓の引っ越しの専門家による無料相談会のご案内

次のページ >>

お電話での相談申込はこちら 0120-16-1483

メールでのお問い合わせはこちら

お電話での相談申込はこちら 0120-16-1483

メールでのお問い合わせはこちら

このページの先頭に戻る